法人企業の資金調達方法

企業の資金調達とは

おすすめリンク

お金を借りる・融資をうける

自己資金だけで、企業のスキルアップや成長をできればいいですが、資金調達を上手く活用することで会社を成長させることもあります。
ここでは資金調達の方法をまとめます。

・借り入れによる資金調達方法
1.身内・友人など
資金調達で思いつくのが、身内や友人からの借り入れです。
しかし、あとでトラブルになりやすい資金調達方法でもあります。
親しい間とはいえ、入念な説明や契約書を交わすなどしっかりする必要があります。 

2.個人投資家
個人投資家で多いのは起業経験者です。
しかし、そのような人と接点を持つのはなかなか難しいのが現実です。

3.創業融資
設立したばかりの会社には現実的な方法です。
事業実績がないと資金調達の選択肢も少なくなりますが、この方法は、無担保無保証で融資を受けれる場合があります。

4.制度融資
国民制作金融公庫には、創業融資と制度融資があります。
金利は制度融資の方が安いです。
しかし審査期間は創業融資より約2ヶ月ほど長くかかるので注意が必要です。

5.ベンチャーキャピタルからの資金調達
ベンチャーキャピタルとは、創業まもなくでも将来が期待できる起業に出資してくれる金融期間です。

6.助成金・補助金
企業の際の助成金・補助金は数多くあります。
助成金・補助金は返済の必要がないので大きなメリットになりますが、お金が入るまでとても時間と手間がかかります。

7.仕入先
交渉によっては支払い条件が緩和される事は多いにあります。

8.売掛金
売掛金を早期に入金してもらえるよう交渉することは可能です。

9.顧客の前払金
企業の内容にもよりますが、お客様に前払金を支払ってもらってキャッシュを増やす方法です。

10.不必要な資産の売却
必要のない資産を売却し現金化することも資金調達の手段です。